食べたいものがひとつで完結!魔法のグラパンでキャンプ飯△

2 いいね!

食べたいものがひとつで完結!魔法のグラパンでキャンプ飯△

魔法のランプを思わせる、ちょっと目を引く、センゴクアラジンの「ポータブル ガス ホットプレート グラパン」。モニターさせていただいたので、キャンプへ持ち出し、自分で言うのも…ですが、大満足のキャンプ飯を満喫してきました。

ホットプレートって、キャンプに必要?

ちょっと不便なくらいが楽しい、が醍醐味なキャンプ。
キャンパーさんたちの間には
もう、キャンプといえばこのホットプレート一択!
ガレージブランドからカスタムパーツが出るほど人気な
焼き上手さんが存在します。

正直…。
正直に言います。
キャンプにホットプレートって、いる?
いらなくない?
いらないよ!!
そう思っていました。

大きいってことは荷物が増えるし、
何よりも、大きいって事は
隅っこまで火が通らなくて焼きムラがあって
どうせ逆に手間なんでしょ?
だったら普通にストレスないガスコンロで、
普通に調理したら良くない?

そんなものすごく偏見まみれの意識で。

しかし。
今回モニターとして
実際キャンプでグラパンを使用させていただいた事により
ホットプレートへの偏見が全くなくなりました。
むしろ、この可愛らしすぎる見た目なのに
シッカリちゃんと調理をこなしてしまうグラパンを、
キャンプギアの常識まで押し上げたい!
そんな思いすら湧いてきました。

キャンプにホットプレートってこんなに便利なの!?
こんなにちゃんと短時間で調理できるの!?


感動の検証結果です、どうぞ!

仕込んでいったタコミートでおそとタコス。

キャンプって、大体チェックインがお昼過ぎ。
だけど、ちょっとお昼の時間が遅くなっても
せっかくならお昼もキャンプ場で食べたい。
でも、イチから調理をしたらお昼を食べるのに
日が暮れちゃう…。

ちょっと前日のお母さんのお仕事は増えますが、
お家で仕込みを済ませて行っちゃいましょう!
タコミート、脂固まって美味しくなくない?
大丈夫です!
だって、グラパンがあるから!


この日は、灼熱のキャンプ覚悟だったので
とにかくさっぱりがっつり行きたくて、
タコスの準備をある程度済ませて行きました。
グラパンの半分に仕込済みのタコミートを広げ、
空いているスペースに市販の生地を乗せおけば
外がパリッと中がふんわりの生地に
温かいタコミートがあっという間に完成です。

あとはもう、お好きなように乗せて巻いて。
タコミート
材料(2人前)
*合い挽き肉 約200g
*玉ねぎ 中半分みじん切り
☆ケチャップ 大さじ4
☆ウスターソース 大さじ2
☆カレー粉 (甘口だとキッズ喜ぶ) 大さじ1
☆塩胡椒 適宜

①合い挽き肉を炒める。
(脂が出るので私はサラダ油を使いません)
②だいたい火が通ったら
みじん切りの玉ねぎも加えて炒める。
③玉ねぎにも火が通ったら☆を全て投入。
(炒めてゆくと脂が結構浮いてくるので、
私はキッチンペーパーで少し吸い上げます)

サルサソース
材料
*トマト 1個
*セロリ 茎の部分1/2本
*玉ねぎ 1/4個
*ピーマン 1個
*パクチー 適宜
☆にんにく すりおろし適宜
☆レモン汁 小さじ2(結構酸味出ます)
☆ 塩胡椒 適宜
☆タバスコ 適宜
☆ハラペーニョ 適宜(チューブのもの便利です!)

①*の材料を全てみじん切りにする。
(トマトから水分が出るのと、
パクチーに元気がなくなってしまうので、
それ以外のものをみじん切りしてジップロックへ。
あとは現地で仕上げがお勧めです!)

②☆を①のジップロックに入れて、
クーラーボックスで30分ほど寝かせて完成!

アボカドのワカモレ
材料(2人前)
*アボカド 1個
*玉ねぎ みじん切り1/8個程度
*ミニトマト 適宜
(トマトは水分が出過ぎてしまうので、
ミニトマトの方が良いかな?と思います)

☆レモン汁 小さじ2
☆塩 小さじ1/4
☆粗挽き黒胡椒 小さじ1/4
☆タバスコ 小さじ1/4

①玉ねぎはみじん切りにして水にさらし、
ミニトマトも粗めに切る。
②アボカドをボウルに入れて、フォークで潰す。
(粗めで大丈夫です)
③①の野菜をアボカドのボウルに入れて、
☆の調味料を加えよく混ぜたら完成。
ほんのり温かい生地に、
温めて脂が溶け出したタコミート。
冷えたサルサソースに、
出来立てのクリーミーなワカモレ。
さっぱりとレタスも多めにヘルシーに。
と言いつつ、やっぱりチーズは外せない。

こんな贅沢が叶うのは、
4〜5人用と鉄板のサイズが大きく
同時進行で食材を温められる
グラパンのおかげ。

グルキャンの振る舞い料理としても、
自信をもって出して良いクオリティのタコスを
キャンプで楽しむ事ができました。

侮ることなかれ!グラパンのパワーを思い知れ!

また別のキャンプでは、
鉄板に食材を広げて
隅から隅まで使用して調理するジャンバラヤを
イチから調理してみることに。
これは流石に…。
どうせ隅っこの方の食材はなかなか火が通らなくて
結局真ん中しか使えないんでしょ?

プレートのサイズが、
横幅約37cm×奥行き約28cm×深さ約1.7cm。
小さいプレートにこの量のみじん切りの野菜、
しかも子供に任せる…は全部こぼされる心配がありますが、
グラパンなら子供のやりたい!の気持ちを、快く尊重してあげられます。

ご飯と同時進行で
端で焼きながら調理したソーセージにも
いい具合に焼き色がつきました。
キャンプで食べるご飯は美味しい!という
私の勝手な判断により、
ジャンバラヤに使ったご飯が2合分。
隅々まで広げないと調理しきれない量でしたが
きちんと火の通ったソース香るジャンバラヤに
息子のおかわり!が止まりませんでした。

プレートを取り外してみると、
熱源が一周ぐるっと四角に通っているので
全体に満遍なく熱が行き渡る構造
になっています。
火力も焼き上手さんと全く同じ2.1kWと高火力。
だからこんなメニューでも、
きちんとしっかり調理できるんですね。

そしてこのプレート。
従来のホットプレートの厚みが約3mmなのに対して
約5mmという極厚プレート。
プレートの持つ蓄熱効果のおかげで
調理後のプレート温度が下がりにくいんです。

完成したものをそのまま乗せておいても
ある程度の温かさをキープしてくれるのは、
温かいまま食べて欲しい作り手には勿論、
食べる側にとっても嬉しい点です。

朝ごはんの時短化に成功!

キャンプ場のチェックアウトはだいたい11時。
撤収日の朝ごはんは
挟んで焼けばいいホットサンドや、
メスティン1つで完結する肉まんなど、
衝撃的にお手軽で映えない物しか作りません。
…だって洗い物が出るし、
炊事場が少ないところだと洗い物ラッシュで
撤収が慌ただしくなるんですもん…。


でも、前日のジャンバラヤで
隅から隅まできちんと熱が伝わって、
複数の食材の同時調理が可能なことが確認できたので、
この日の朝も、レッツチャレンジ!

おおおおー!
フレンチトーストにも美味しそうな焼き目、
ソーセージも良い具合。
目玉焼きも、半熟にしっかり仕上がってます。

撤収日の私にあるまじき、
フレンチトーストに目玉焼き、
パリッと美味しいウインナーの
ちょっと気分の上がるワンプレートになりました。
(ちょっとチーズを乗せるタイミングと、
乗せるチーズの種類を間違えましたが)
もう、グラパンさまさま!!

フレンチトースト、美味しいわあ…。
今日のは焼き目が最高だわあ…。
緑に囲まれた最高の環境で息子は、グラパンで焼いた
フレンチトーストを噛み締めていました☺︎

夏キャンプにグラパン!!

撤収日でも使いたくなる一番の理由。
もうこれは、キャンパーお母さんあるある、
女性あるあるです。

プレートがフッ素加工されているから!

焦げ付かないし、水で流せば簡単に綺麗になるし、
ちょっとお手入れをし逃しても錆びない!

キャンプは焚き火で鉄板で調理するのがいいんじゃん…
そんな男性の声も聞こえてきそうですが、
これから本格的に夏が始まります。
「暑さ」という最大の敵が乗っかってくる事で、
よりお手軽確実なグラパンが生きてくるのです。

我が家も例に漏れずなのですが、
夏は全く焚き火をしません。
焚き火台すら持たずにキャンプに行きます。
通常焚き火に鉄板さえあればできていた調理が、
全くできなくなります。

なので。
この夏は。

ぎらぎら照りつけるおひさまを横目に
タープ下でビール片手に、
グラパンにお肉をたくさん並べて鉄板焼きを。
どんなに焼いても、どんなに汚れても大丈夫です!

川遊びを満喫してサイトに戻ると間髪入れずに始まる、
子供たちのおなかすいたコール。
ちょっと休ませて…そんなの通じません。
なので!
グラパンいっぱいに広げた焼きそばで、
全員いっぺんにお腹いっぱいになっちゃいましょう!
火力も広さもあるので、あっという間です☺︎
そこからのお昼寝!
これぞ夏キャンプ!

ちょっとかさばるよね?
大丈夫です!
夏キャンプは荷物が減るので、なんとかなります!
(適当な事を言ってしまっている感は否めませんが、
参考までに。
冬キャンプでは
3列目のシートを全外ししたミニバンの
3列目の天井いっぱい、
2列目片側とルーフキャリアにまで
パンパンに荷物が乗る我が家。
夏キャンプになると、
2列目の私の横がスカスカな上に
3列目も視界良好になるほど空きます。)

ちなみに補足です。
グラパンには残念ながら保存袋が付属しておらず、
ちょっとキャンプに持ち出す時に気を使います。
実際、初回はバスタオルでぐるぐる巻きにしました。
何か良いものはないかな?と思っているところに、
普段テーブルがわりに使用しているアルミコンテナを発見!(↓のインスタ画像を参照)
ダメもとで入れてみたところ…
キャンパー大好き!
シンデレラフィット!!
我が家の場合はアルミコンテナでしたが、
プラスチックの大きいコンテナでも良さそうですし、
お手持ちのギアで是非、お部屋を用意してあげてください。

そしてここぞ!というところでお部屋から呼び出して、
アラジンに夏キャンプの魔法、
かけてもらっちゃいましょう☺︎
椎茸くに子
@椎茸くに子
家族3人春夏秋冬、雨が降っても雪が降っても気が狂ったようにキャンプで遊んでいます。 大好きな北欧をキャンプに少しだけ取り入れてみたり、見て楽しい食べておいしいキャンプ飯を考えてみたり、外っていつも通りがもっと楽しくてフフフと笑っちゃいます。

commentコメント投稿

@アラジン社員

椎茸くに子さん。
ホットプレートは不要!?そわそわしながら読ませていただきましたが
椎茸家でもグラパンが受け入れられてほっとひと安心です。
今までうまく伝えられてはいませんでしたが、グラパン、案外優秀です。
みなさんにもこの記事を読んでください!と言いたくなるほど
グラパンの魅力を伝えていただきありがとうございます。収納…私も欲しいです♡

VIEW MORE

kama-doのある暮らしがすごくイイ。

Outdoor / 2022.03.22

kama-doのある暮らしがすごくイイ。

カマドといえば?大人気アニメの主人公!ではなく、センゴクアラジンから昨年末発売された「ポータブル ガス コンロ kama-do(カマド)」。アラジンメイト同期の皆さんがツーバーナーを使われているのですが、私はキャンプ用の熱源はすでに持ち合わせており、kama-do(カマド)はちょっと…よもやよもやだ。と思っていたのですが…。

VIEW MORE