お家でアウトドアな朝、イングリッシュブレクファスト風焼き芋トースト

5 いいね!

お家でアウトドアな朝、イングリッシュブレクファスト風焼き芋トースト

10月ですね。屋外で過ごすのにちょうどいい気温になってきて休日にはキャンプやアウトドアに行きたくなります。 食欲の秋を実践すべく、おうちで過ごしている間も少し特別な朝食やおやつタイムを過ごしたい、そんなときに持ってこいなのがヒバリン。料理愛好家/映像クリエーターMaiがヒバリンを使ったとっておきのアウトドア風朝ごはんをご紹介します。

10月は1日中窓を開けておきたくなるほど気持ちの良い気温で過ごせる貴重な季節

暑さと寒さを避けるように年中引きこもっていた私もこの時期になると無敵の気分になってキャンプやらアウトドアに挑戦したくなる

そんなこと言いながらもすぐに行動を移す軽いフットワークもなく私には奥の手があるんだとベランダの窓を開け、センゴクアラジン ポータブル ガス カセットコンロ ヒバリンを机の上にセットする
朝からアウトドア気分で朝ごはんを楽しむ気だ

冷蔵庫から、卵と加工肉のベーコン、野菜室から秋の味覚きのこをとりだす。キッチンに常備しておいてよかった

キッチンの戸棚の隣にアルミホイルに包まれてある一本の塊があることに気づいた。これは、昨日食べずにとっておいた焼き芋で昨日ヒバリンでつくったもの

-昨日のこと-
三重に住んでいる友人が家庭菜園をしていて収穫時期になると旬の食材を届けてくれる
そして今年も食欲の秋がやってきた、この秋はお芋が豊作だったらしい
これらをどう調理しようか。蒸すか、煮る(茹でる)か、それとも焼くか、調理法によって甘さ、食感、栄養価が変わるのがさつま芋の魅力
ホクホク系のお芋なら料理にも向いているから、天ぷらにしたり煮物にして献立にとりいれることができるだろう

問題はこの紫色の芋たちに紛れて顔を覗かしている表面白くてぷっくらした安納芋だ
このねっとり系の安納芋は、普段食べているさつま芋から少し逸脱しているふしはある。
実際食べてみるととびきり甘くて食感なめらかだからそれ単体でスイーツみたいな感覚で楽しめる。
蜜がたっぷり詰まった身、その甘さを最大限生かした焼き芋にすれば必ずや期待を裏切らない

そんなことをずっと考えていたので午後、待ち切れなくて1本しかも安納芋を手に取る
土をきれいに洗い落としてアルミホイルに包む
ホイルに包んだ芋をヒバリンにのせて片面20-30分※ずつ裏返しながら中心部に火が通るまで焼いていく

※さつま芋の大きさによる

家の窓を開けて外を眺めながらヒバリンの火がかかっているのをみると
一気に屋外にいるような気分になった
外から入ってきた風がヒバリンの火にあたって暖かくなったものが私の手にもあたってそれは一層リアル

寝落ちしそうになりながら待っていると、段々焼き芋のいい香りがしてきたから自然と目が冴えてきてお腹がぐーっとなった

アルミホイルの中の様子をみてみると
さっきまでピタリと張り付いていた皮と実にふっくら隙間ができてそこから密がきらきら滴っている
この時点で美味しい予感しかしない
熱々のうちに真ん中をポキっと割って 期待を裏切らない黄金色でしっとりとした果肉が姿を現した
蜜が溢れて一番甘そうなところを一口
クリームのようになめらかな食感これは天然のさつま芋クリーム!

そして凝縮された甘み
時間をかけてじっくり焼くことで糖度が高い状態に仕上がっているのだ

欲張って2本も焼いてしまったが
一口につき美味しいの密度が高い安納芋はころっと小さいやつ1本でもかなりの満足感がある
残りの1本は明日いただくことに

イングリッシュブレクファスト風焼き芋トーストレシピ(2人分)


● 焼き芋1本
● 豆乳大さじ1
● オリーブオイル大さじ1(ソテー用に小さじ1)
● ベーコン2枚
● 卵2個
● マッシュルーム 3、4個
● 塩胡椒 少々(胡椒はあとがけ用も)
● イタリアンパセリお好み

ヒバリンはコンロとしても使える
フライパンを火にかけ、目玉焼きとベーコン、スライスしたマッシュルームのソテーを作る

焼き芋は皮ごと縦2等分にして実をくりぬいたらオリーブオイル、豆乳、塩胡椒で味付けして甘じょっぱいマッシュポテトをつくる

皮の中にマッシュポテトをいれ、チーズ、ベーコン、マッシュルーム、目玉焼きをトッピングする
ヒバリンでチーズがとろけるまで温めたら、英国風の焼き芋トーストの出来上がり

外を眺めながら焼き芋トーストにかぶりつく
朝少し肌寒くてもヒバリンの火の熱の名残で温まる
モダンでポップなヒバリンを眺めながら英国風の朝食を味わっていると海外にいる気分にもなるが
実はこのヒバリン日本の古き良き道具“火鉢”と“七輪”をモチーフにしている
確かに面影ある!とハッとしてこのレトロモダンが融合された新しいコンロをより一層好きになった

Mai
@Mai
料理愛好家/映像クリエーター 小さい頃から食べるのが好きで、"1人前食堂"というYouTubeチャンネルで日々のお料理を記録した動画を投稿しています。 昔からアラジンの個人的なファンで、レトロで可愛くて高性能なアラジンを使ったお料理を日々考案中です。

comment・recipeコメント・レシピ投稿

VIEW MORE

香草ラムチョップと冬野菜シチューポットパイ

Recipe / 2021.11.27

香草ラムチョップと冬野菜シチューポットパイ

もうすぐクリスマス!クリスマスディナー何を作ろうかなと迷っている人にアラジン グラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)で同時につくれるメイン2品をご紹介。今年は骨付きチキンの代わりに柔らかくて肉汁たっぷりジューシーな仔羊の骨付きロース肉ラムチョップを香草グリルにして楽しみます。あと簡単につくれるパイシートを使った冬野菜のシチューポットパイも。

すだち香る秋刀魚ときのこ炊き込みご飯で秋の味覚を一度に楽しむ

Recipe / 2021.09.25

すだち香る秋刀魚ときのこ炊き込みご飯で秋の味覚を一度に楽しむ

秋の味覚を味わうなら旬の食材を使って簡単に作れる炊き込みご飯がおすすめ!特に9-10月が旬といわれる秋刀魚は今のうちに食べておきたいところ。今回活躍するのがアラジングラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)この商品なんと魚焼きグリルにも、炊飯釡にもなる優れもの。これを使ったレシピを料理愛好家/映像クリエーターMaiがご紹介します。

愛用のアラジントースターで夏野菜とカマンベールチーズトースト

Recipe / 2021.08.20

愛用のアラジントースターで夏野菜とカマンベールチーズトースト

初代アンバサダーに就任した料理愛好家/映像クリエーターの Mai が愛用するアラジン グラファイトグリル&トースター。レトロな雰囲気のグリルパン付きトース ターはキッチンのなかでも一番お気に入りのアイテム。トーストからお料理まで幅広いお料理に活用できるのだが、今回ご紹介するレシピは定番のチーズトーストを少しこだわってつくるレシピ。パンに具材をのせて焼くだけなのにとても贅沢でしっかりお腹を満たしてくれるから忙しい朝にもぴったり。今日は夏らし い野菜をたっぷりのせていただきました。

VIEW MORE