グラファイトグリル&トースターで簡単につくれる二大おせち料理【鶏と小松菜の柚子風味雑煮と8種目具材の筑前煮】

4 いいね!

グラファイトグリル&トースターで簡単につくれる二大おせち料理【鶏と小松菜の柚子風味雑煮と8種目具材の筑前煮】

年末年始のごちそうづくり。本日はアラジンで作るお正月メニューをご紹介します。おせち料理でおなじみのお雑煮と筑前煮、特別感があるけど食べると心落ち着く味。今回は、グラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)の「煮る」モードが大活躍。使ってみたら驚くほど便利でお料理が美味しく仕上がります。

年末年始は、仕事に遊びに食べるのに大忙し
クリームたっぷりの苺ショートケーキとおっきいエビ天ぷらがのった年越し蕎麦

年内のお仕事をなんとか終わらせてもクリスマスと年越しに貯蓄された贅肉はすっかりほったらかしたまま新年に突入
そんなこともおかまいなしに帰省先の実家では朝からお重に入ったおせち料理がずらりと並ぶ、素直なお腹はグーと鳴り始めている
毎年、昨年比の胃袋肥大化が家族への一番の成果報告となり、それを裏付けるようにお重の中に隙間を作っていく

おせち料理はどれも新鮮で特別な味がする、それは珍味試しゲームみたいなところがあって昔から好きだった
そんないい意味で食べ慣れないおせち料理のなかで圧倒的アットホーム感を放っている筑前煮

筑前煮は“家族円満や家族仲良く暮らす”という意味があるらしいけど
我が家ではむしろ筑前煮を巡って食卓が戦場の場となるくらい大人気メニューなのだ
だから具材はたっぷり用意しておかないと
ほくほく歯応えのある根菜たちが主役、にんじん、ごぼう、レンコン

定番の里芋を下ごしらえしやすいさつまいもで代用
甘みと彩がプラスされて親近感のある煮物になるからおすすめ具材
筑前煮の鶏肉は特に美味しくて、早めに売れ切れちゃうので多め買っておいた

今日はアラジン グラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)の「煮る」モードで挑戦
楽チンなのに、それぞれの具材に程よく火が通って味もしみしみ(作り方は後ほど)

8種目具材の筑前煮の材料(作りやすい分量4-5人前)
・さつまいも1本
・ごぼう1本
・人参1本(金時にんじん)
・こんにゃく 150g
・レンコン小4個
・鶏もも肉250g
・出汁 150ml
・乾椎茸の戻し汁 150ml
・醤油 大さじ1+4
・酒 大さじ1+3
・みりん 大さじ4
・干し椎茸 4~5枚
・絹さやお好み
・ごま油 大さじ1

筑前煮とはまた違ったかたちで、お正月限定なのだけどいつ食べても心落ち着くのがお雑煮
親戚一同関西人の集まりなのになぜかお雑煮は白味噌派(母や妹)と関東煮派(父や弟)で派閥が分かれていて
なんてめんどくさい家族だと思いながらも両派の胃袋を満たせるように毎年祖母がおっきいアルミ鍋を二つ用意して2種類の雑煮をつくってくれた

ちなみに私は白味噌が本命だけど胃袋に余裕があれば食い意地を張って関東煮も食べるという派だ、実家でつくるものは鶏の出汁がきいていて大根と小松菜たっぷりでみんなこれを食べるとご満悦の顔を見合わせる
今日は筑前煮の鶏肉が半分余りそうだから関東テイストの雑煮をつくろうと思う

鶏と小松菜の柚子風味雑煮の材料(作りやすい分量2-3人前)
・鶏肉200g
・大根 4cm
・小松菜 2株
・出汁 600ml
・薄口醤油大さじ1
・酒大さじ1
・餅2-3個
・柚子皮 少々

今日はグラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)と付属のグリルパン(浅)、グリルパン(深)を用意
2種類のおせち料理がこれ一つで作れる

まずはお雑煮づくり

いちょう切りした大根と一口大に切った鶏肉をグリルパン(深)の底に敷き詰めて出汁を注ぎ入れる
時間があればカツオや昆布からとったお出汁で、出汁パックは手軽なのに本格派でおすすめ

「煮る」モードで10分加熱

加熱中はグリルパン(浅)で蓋をします

途中アクをざるで取り除くと透き通った出汁に

10分後、5cm幅に切った小松菜を上乗せ、残りの調味料を加えたら、さらに7分加熱

17分後、お鍋でつくるのと同じようなお雑煮ができあがり

同じくグラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)で焼いたお餅をいれて、白髪葱と柚子皮をトッピングすれば完成

筑前煮は火が通りやすい&食感を楽しめるように
にんじんとれんこん、さつまいもはコロコロの乱切り
ごぼうは3.4cm幅の斜め切り
こんにゃくは短冊切りにしてから、縦中央に切り込みをいれて端をくるっと折り返すと可愛らしい飾り切りに

鶏肉は一口大に切ってお醤油大さじ1とお酒大さじ1、ごま油大さじ1で下味をつける

乾椎茸は戻し汁と具材両方の役割をしてくれるので欠かせない
水に半日ほど浸しておくか、時間がないときは500Wの電子レンジで2分ほど加熱して時短で戻すこともできる

グリルパン(深)に絹さや以外のすべての具材と出汁と椎茸の戻し汁をいれて「煮る」モードで20分加熱する(蓋をする)

途中アクをとって残りの調味料を加えたら蓋をせずにさらに10分加熱
最後、筋をとった絹さやをいれてさらに数分加熱すれば完成

器に食べたい分だけよそって、残りは作り置き保存にぴったり
飾らないみためが親近感をだしている、さつまいも入りだからか可愛らしい

小皿に盛り付けた黒豆煮、紅白蒲鉾、伊達巻、手作りと一緒にいただきます

Mai
@Mai
料理愛好家/映像クリエーター 小さい頃から食べるのが好きで、"1人前食堂"というYouTubeチャンネルで日々のお料理を記録した動画を投稿しています。 昔からアラジンの個人的なファンで、レトロで可愛くて高性能なアラジンを使ったお料理を日々考案中です。

comment・recipeコメント・レシピ投稿

VIEW MORE

香草ラムチョップと冬野菜シチューポットパイ

Recipe / 2021.11.27

香草ラムチョップと冬野菜シチューポットパイ

もうすぐクリスマス!クリスマスディナー何を作ろうかなと迷っている人にアラジン グラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)で同時につくれるメイン2品をご紹介。今年は骨付きチキンの代わりに柔らかくて肉汁たっぷりジューシーな仔羊の骨付きロース肉ラムチョップを香草グリルにして楽しみます。あと簡単につくれるパイシートを使った冬野菜のシチューポットパイも。

お家でアウトドアな朝、イングリッシュブレクファスト風焼き芋トースト

Recipe / 2021.10.27

お家でアウトドアな朝、イングリッシュブレクファスト風焼き芋トースト

10月ですね。屋外で過ごすのにちょうどいい気温になってきて休日にはキャンプやアウトドアに行きたくなります。 食欲の秋を実践すべく、おうちで過ごしている間も少し特別な朝食やおやつタイムを過ごしたい、そんなときに持ってこいなのがヒバリン。料理愛好家/映像クリエーターMaiがヒバリンを使ったとっておきのアウトドア風朝ごはんをご紹介します。

すだち香る秋刀魚ときのこ炊き込みご飯で秋の味覚を一度に楽しむ

Recipe / 2021.09.25

すだち香る秋刀魚ときのこ炊き込みご飯で秋の味覚を一度に楽しむ

秋の味覚を味わうなら旬の食材を使って簡単に作れる炊き込みご飯がおすすめ!特に9-10月が旬といわれる秋刀魚は今のうちに食べておきたいところ。今回活躍するのがアラジングラファイトグリル&トースター(フラッグシップモデル)この商品なんと魚焼きグリルにも、炊飯釡にもなる優れもの。これを使ったレシピを料理愛好家/映像クリエーターMaiがご紹介します。

愛用のアラジントースターで夏野菜とカマンベールチーズトースト

Recipe / 2021.08.20

愛用のアラジントースターで夏野菜とカマンベールチーズトースト

初代アンバサダーに就任した料理愛好家/映像クリエーターの Mai が愛用するアラジン グラファイトグリル&トースター。レトロな雰囲気のグリルパン付きトース ターはキッチンのなかでも一番お気に入りのアイテム。トーストからお料理まで幅広いお料理に活用できるのだが、今回ご紹介するレシピは定番のチーズトーストを少しこだわってつくるレシピ。パンに具材をのせて焼くだけなのにとても贅沢でしっかりお腹を満たしてくれるから忙しい朝にもぴったり。今日は夏らし い野菜をたっぷりのせていただきました。

VIEW MORE