「アラジントースター」でつくる、冬のお菓子

1 いいね!

「アラジントースター」でつくる、冬のお菓子

日ごとに寒さが増して、いよいよ迫る年の瀬。なにかと慌ただしい時期ではありますが、せっかくなら「アラジン グラファイト グリル&トースター(4枚焼き)」で、簡単にできるお菓子を手作りしてみませんか? 今回は、冷凍パイシートをアレンジした『エスカルゴクッキー』『小さなリースのねじりパイ』のレシピを紹介します。ちょっとした工夫で、ちょっとだけ新しい、一味違ったパイ菓子を楽しんでみてください。

4枚焼きトースターでシュトーレンを手作り

クリスマスムードが漂うこの季節の定番スイーツといえば、ドイツの伝統的な発酵菓子・シュトーレン。
洋酒に漬け込んだドライフルーツやナッツ、スパイスがたっぷりと入っていて、
華やかなデコレーションケーキとは少し違った、大人な味わいが人気の理由です。
日持ちがするので、クリスマスまで毎日少しずつ切り分けて食べるのが本場流。
ちなみに、表面にバターと粉砂糖をまとわせて、真っ白に飾った姿は、
キリストが誕生したときの“おくるみ”をイメージしているそうですよ。

私も毎年、シュトーレンを手作りしているのですが、
今年はすこし小さめのサイズにして、「グラファイト グリル&トースター(4枚焼き)」で焼いてみました。
焼き上がりに漂う、スパイスとリキュールのふんわりした香りは、おうちで作るからこその醍醐味です。

今年は4枚焼きトースターで3種類のシュトーレンを焼きました。

でも、しっかりと熟成させた、本格的なシュトーレンを作るなら、
生地作りから仕上げまでには、なんと丸2日も近くかかってしまいます。
作り方も複雑で、材料の準備にも手間がかかるシュトーレン、
これからクリスマスまでに、いちから作るのは、ちょっぴり難しそう……💦

そこで今回は、4枚焼きトースターと冷凍パイ生地で簡単に作れる、
スパイスを効かせたシュトーレン風のアレンジお菓子を考えてみました。
レーズンとアーモンドを、パイ生地でくるりと巻いた『エスカルゴクッキー』は、
少しだけ、シュトーレンの断面に似た見た目と、ザクザク食感が特徴です。

焼成には、4枚焼きトースター付属の“浅鍋グリルパン”を使いますが、
もちろん、お手持ちのオーブン用トレイを使っても結構です!
“浅鍋グリルパン”を使う場合は、表面が波形になっているので、
オーブンシートの下に、あらかじめアルミホイルを二重に敷いておくことで、
平らな形に焼けて、底の焦げすぎも防げます。ぜひ試してみてくださいね♪

※なお、レシピでは「4枚焼きトースター」を使用していますが、温度調節ができる「グラファイト グリル&トースター(2枚焼き)」、「グラファイト グリル&トースター(フラッグシップモデル)」なら、同じように作ることができると思います。焼き加減を確認しながら、ぜひチャレンジしてみて頂けると嬉しいです!

冷凍パイシートをアレンジしたお菓子は、プレゼントにも

◆エスカルゴクッキー シュトーレン風◆

<材料> 約30個分  ※3回に分けて焼く
・冷凍パイシート(市販。袋の指示通りに解凍しておく) 1枚
・冷水 適量

・グラニュー糖 15g
・シナモンパウダー* 0.5g
・レーズン*(細かく刻む) 20g
・スライスアーモンド*(細かく刻む) 20g

*シナモンの他に、クローブやナツメグを加えたり、レーズン、アーモンドをお好きなドライフルーツやナッツに変えてもOKです!

<作り方>
①パイシートを縦半分にカットし、それぞれラップで挟んで約10×15cmの横長になるよう、めん棒で伸ばす。
上面のラップをはがし、ハケなどで表面に薄く冷水を塗る。
②グラニュー糖10gとシナモンパウダーをよく混ぜ合わせ、奥側を少しだけあけて、全体に振りかける。
刻んだレーズンとアーモンドをその上に広げる。
③手前から奥に向かってフィリングを巻き込みながら棒状に成形*し、巻き終わりをしっかりと閉じる。

*生地を巻き込むときは、はじめに手前をきつく巻いて芯を作っておき、下に敷いたラップを上へ引き上げるようにして転がすと、うまく巻きやすいと思います。

④表面に冷水を薄く塗り、残りのグラニュー糖5gをまぶし付ける。そのままラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせる。
⑤④を端から1cm幅にカットし、オーブンシートを敷いたグリルパンに間隔をあけて並べる。残った生地は焼く直前まで冷蔵庫に戻しておく。
⑥トースターに入れて、220℃で5分ほど焼成する。薄く焼き色がつきはじめたら、アルミホイルをかぶせて温度を下げ、180℃・7分焼成する。

少し広がり、全体にまんべんなく焼き色がついたら出来上がりです!
表面の焼き色が薄い場合は、ひとつ裏返してみて、底面にこんがり焼き色がついていれば、しっかり火が通っているので大丈夫◎
まだ底面が白っぽい場合は、アルミホイルで覆い、1分ずつ焼き時間を追加して、様子を見ましょう。焼きすぎるとレーズンが固くなるので、ご注意を!
また作業中、生地がやわらかくて扱いにくく感じたら、一度冷蔵庫で15分ほど冷やしすのも、キレイに仕上げるコツです!

◆リースのねじりパイ チョコナッツ/チーズ◆

<材料> 各6個分 ※それぞれ、2回に分けて焼く。
・冷凍パイシート(市販。袋の指示どおりに解凍しておく) 1枚
・冷水 適量

☆チョコナッツのパイ
・グラニュー糖 7g
・ココアパウダー 0.5g
・お好きなチョコレート(細かく刻む。またはチョコチップでも) 適量
・くるみ・アーモンドなどのナッツ(細かく刻む) 適量
・チョコペン、チョコスプレー、ドライフルーツなど

★チーズのおつまみパイ
・お好みのチーズ*(細かくしておく) 適量
・黒こしょう 少々
・ドライハーブ(パセリ、バジル、ローズマリー等)少々

*お好みのチーズ=粉チーズやプロセスチーズ、ハード系チーズがおすすめです!

①エスカルゴクッキーの工程①と同様の手順で、それぞれの生地を約15×10cmの縦長に伸ばす。
それぞれの生地の上に、チョコナッツパイ・おつまみパイのトッピングを乗せたら、ラップをかぶせて、めん棒で軽く押さえ付けておく。

 ☆チョコナッツパイ…グラニュー糖とココアパウダーを混ぜ合わせて全体に振りかけ、その上に刻んだチョコレートとナッツを広げる。
 ★おつまみパイ…黒こしょう、ドライハーブを全体に振りかけ、その上にお好みのチーズを広げる。

②トッピングした生地を、それぞれ細長く6等分にカットする。
一度に焼けるのは3個ずつなので、残りの生地はラップなどでおおってって冷蔵庫へ入れて冷やしておく。
③細長く切った生地の端をつまみ、トッピングを内側に包み込むようにねじって、ひも状にする。
生地の端同士をしっかりとつなぎ合わせて、リング状にする。
残りの2本も同様に成形し、ラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせる。

④③をオーブンシートを敷いたグリルパンに、間隔をあけて並べる。
⑤トースターに入れて、220℃で5分ほど焼く。
薄く焼き色がつきはじめたら、アルミホイルをかぶせて温度を下げ、さらに180℃・10分焼く。
⑥チョコナッツパイは、しっかりと冷ましてからチョコペンなどで自由にデコレーションする。

焼き上がりは、全体にほんのり焼き色がつくくらいが目安です。焼き立ては壊れやすいので、扱いに注意して。

生地をねじる際、トッピングの食材がパイから多少こぼれたり、はみ出しても問題ありません。くるくる巻く作業を楽しみながら手作りしてくださいね。
また、生地を冷凍する際は、ねじってひも状にしたものを凍らせて、焼く直前に成形しましょう。

しっかり冷ましてから保存容器に入れておけば、数日間はサクサクなままで召し上がれます。
また、どちらのお菓子も、焼く前の生地を冷凍でストックしておけば、
クリスマスや年末年始に限らず、ちょっとしたお菓子を食べたい!という時にも、
短時間で焼き立てを楽しめますよ🎄✨

もちろん、中身やトッピングに使う食材は自由にアレンジできるので、
例えば、ドライフルーツやナッツ、チョコの代わりに、胡麻や甘栗、ゆで小豆を入れて和風にしてみたり……、
スパイスやココアの代わりに抹茶やいちごパウダー、薄くジャムを塗ってみたり……、
おつまみパイにはカレー粉をプラスしてみても、きっとおいしいと思います!🤤

なんて、想像はふくらむばかりですが、まずは、おうちにあるもので、
みなさんが美味しそうな組み合わせを試してみてくださいね☺

ちょっとした工夫で、いつもとすこし違った雰囲気の手作りパイ菓子、
気軽に作って楽しんでいただけると嬉しいです!🥧

「アラジントースター」で、よいお年を

もちろん、「アラジン グラファイト グリル&トースター」は、お菓子作りだけでなく、
特別な日のごちそうや、デザート作りにも大活躍します。

アラジン公式レシピサイトでは、クリスマスパーティーにぴったりなレシピも紹介されていますよ✨
手軽なものから本格的な料理まで、いろんなアイデアがたっぷりで、
「こんなにいろんな料理が作れるの!?」と驚くこと間違いなしなので、ぜひご覧になってください。
(私もレシピを参考に、「4枚焼きトースター」で、クリームシチューに挑戦してみました!🍲😋)

クリスマスの献立から年末年始のおせちまで、一体何を作ろうかしら?
「アラジントースター」のある冬は、つくる楽しみがもっと広がります!
sco.0.one
@sco.0.one
パンと料理とコーヒー、レトロなものが大好きです。日々の食事がもっともっと楽しくなるように、いろんなことを勉強中…✨来る日も来る日も食べ物のことを考えながら、猫たちとのんびり暮らしています。インスタでは一日の終わりに、朝ごパンとコーヒーと時々猫と、好きなものの写真をゆるりと紹介しています☻

recipeレシピ投稿

@アラジン社員

@sco.0.oneさん。
4枚焼きトースターでシュトーレン!しかも3種類も!?
冷凍パイ生地で作りやすさも考えていただき
丁寧な説明まで、本当にありがとうございます。
これならクリスマスまでの時間も楽しくなりますね。
素敵なレシピ記事ありがとうございます。
(コメントが遅くなってすみません…)

@sco.0.one

@アラジン社員さん、
ありがとうございます!ごていねいなコメント、嬉しいです☺️
庫内広々な4枚焼きトースター、お菓子も料理もなんでも作れてしまうので、毎日頼りっぱなしです!
しかも、いつもきれいな焼き色に仕上がるので、料理上手になった気分に……😆
また、いろんなジャンルのレシピに挑戦してみたいと思います👨‍🍳✨

返信を書く

VIEW MORE

『アラジン展』の思い出と、“トリカゴ”のある冬の暮らし。

Living / 2022.12.29

『アラジン展』の思い出と、“トリカゴ”のある冬の暮らし。

今回の記事では、2022年の最新情報がぎゅっと詰まった『アラジン展』の見どころをふりかえりつつ、後半には「遠赤グラファイトヒーター(トリカゴ)」のモニター体験レポートもご紹介します。「トリカゴ」のぬくもりにとろける愛猫たちの姿もたっぷりお届けしますね。

はじめましてのごあいさつと、アラジンと出会ってからの日常。

Kitchen / 2022.10.31

はじめましてのごあいさつと、アラジンと出会ってからの日常。

このたび、アラジン公式アンバサダー“Aladdin mate”に就任した、@sco.0.oneと申します。 これから約1年間、アラジンのある生活を通して、さまざまな魅力を探求・発信していきたいと思います! 今回は私の自己紹介と、愛用中の「アラジン グラファイト グリル&トースター(4枚焼き)」との暮らしについてお話しします。

VIEW MORE